BLOG

ねこまつり、参加店舗の
アレコレ。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. スタンプラリー
  4. 第8回ねこまつりコンプリート景品「金の煮干し」

第8回ねこまつりコンプリート景品「金の煮干し」

世界は「金の煮干し」の入手者と非入手者で構成されている

この「金の煮干し」は「ねこまつりat湯島」のために作られた限定品。
つまり、この世界には「金の煮干し」を入手できた者とできなかった者の2種類しか存在しません。

入手者は11名、箱にシリアルNo付き

今回「ねこまつりat湯島」のスタンプラリーのコンプリート達成者は11名。
宇宙に飛び立った人間の数よりも少ない11名。
そして、素数の11は1と自身以外で割り切れない奇跡の数。
「金の煮干し」を入手できた幸せ者は、宝くじや馬券を買うのは止めたほうがいい。
もう、運を使い果たして当選することはないから(嘘)。
シリアルNo.の何番が誰に届くかわからないが、その番号をラッキーナンバーにするといい。
ただし、暗証番号にするのはオススメしない。
最大でも2桁、大多数は1桁だからだ。
セキュリティの意味をもう一度考え直そう。

ラベルもこだわりの書家の書き下ろし

金の煮干し ねこまつり コンプリート
このラベル1つとってもこだわりを手抜きしない。
ねこまつり参加店舗のうどよし書道教室 うどよし氏の書き下ろしである。
デジタル化した時代に、あえての手書き文字を、しかも、書家なのにペンで書かせて、逆にレア。
箱も捨てずに大切に保管してほしいと言う思いがこもった1品である。
ただし、中敷きの布は普通の布であることは内緒である。

最後にチャーハン

このチャーハンは、白米が黄金色に輝く最高のライス料理の一つである。
この炒飯のすごいところは、ランチのライス→チャーハン+100円→大盛り+100円 計+200円なのである。
チャーハンの日本語は”焼き飯(ヤキメシ)”。
さて、コンプリートできなかった、興味すらなかった皆さんは「金の煮干し」がきっと欲しくなったであろう。
11名のコンプリート達成者に対して嫉妬すら感じるかもしれない。
嫉妬は別名「ヤキモチ」…おわかりだろうか。
では、コンプリート達成した11名のみなさん、いつもありがとう!
そして、次回、第9回は、より多くのスタンプラリーのコンプリート達成者が生まれることを期待して令和元年9月の「ねこまつりat湯島」でお会いしましょう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事